極端な制限は危険|赤ちゃんを授かる為に不妊に良いサプリを飲んでみる
男性医師

赤ちゃんを授かる為に不妊に良いサプリを飲んでみる

極端な制限は危険

男性と女性

低体重児のリスク

妊婦の食事の内容は、胎児の健康的な成長に大きく影響してきます。そのために、鉄分や葉酸などの高い栄養が必要と言われているのです。しかし、近年では体重を気にして食事の量を抑える妊婦が増えてくるようになりました。確かに、産婦人科では太りすぎによる出産事故のリスクを避けるために、適切な体重指導を行ってはいます。けれどもそれと同じくらいに、妊婦が妊娠中や産後の体型を気にして食事を減らす傾向が強くなってきています。妊娠中に極端に食事の量を減らしてしまうと、胎児に重大な悪影響をもたらすことが分かっているため、避けなければいけません。出生時の乳児の体重が2500g以下だった場合、低出生体重児と認められます。この場合、合併症のリスクの増加と乳児が将来的に生活習慣病を発症する可能性が高くなると言われています。これは、過去の統計から確認されたもので、世界的にも問題視されていることです。妊婦の体重増加は、適正範囲があります。その適正範囲以下であれば、食事の内容に限らず量も考えていかなければなりません。

和食のすすめ

産婦人科では、妊娠健診のときに胎児の大きさや体重が適正範囲であるか確認するようにしています。このときに極端に胎児が小さすぎて妊婦の体重も少なすぎれば、食事量を増やして栄養を取るように指導されます。昔と比べて低出生体重児が増えてきたため、産婦人科では栄養指導でも少なすぎる食事量の注意が呼びかけられるようになったのです。妊婦にとって一番最適な食事とは、低カロリーかつ栄養価の高い和食です。和食は野菜も多く、ヘルシーなたんぱく質も摂取できます。白米を雑穀米や玄米などに替えていけば、さらに栄養価の高い食事内容になります。これを適度な量で3食取るようにすれば、胎児にも栄養が行き届き、体重もそこまで大きく増えることはありません。産婦人科の栄養指導でも、和食をすすめているところは多いです。産後は、授乳や健康的な食事を続けていけば、自然と体重が落ちるようになります。乳児の健やかな成長のためにも、ストレスのない妊娠生活を送る必要があります。